キャッシング在籍確認の代行を、アリバイ会社に頼むのが違法か解説

キャッシング在籍確認の代行をアリバイ会社に頼むのは違法なの?

職場に在籍確認の電話がかかってくるのが嫌だという方や、実は働いていないけれど、どうしてもお金を借りたいから審査に通りたいなどという方たちが利用したいと考えるのは「アリバイ会社」かもしれませんね。

 

アリバイ会社を利用して審査に通るのはありなのか、それとも違法なのか。
そしてアリバイ会社とはどんなものでどんなことをしてくれるのかなどについて、こちらでお話していきましょう。

 

在籍確認を代行してもらうのは違法?

在籍確認の代行をしてくれるアリバイ会社があるという事を知っていて、利用してみたいとお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

でも、アリバイ会社を使って在籍確認を代行してもらうのは違法なのでは?と疑問に思っている方もいらっしゃると思います。実際にはどうなのでしょうか。

 

在籍確認をアリバイ会社に代行してもらうのはNGです!

アリバイ会社を使って在籍確認をしてもらうことに魅力的に感じるという方も多いかもしれません。

 

しかし初めにことわっておきますが、アリバイ会社を使って在籍確認の代行をしてもらうことはやめましょう。

 

働いてもいない会社で働いていることにしてカードローンに申し込みをするわけですから、虚偽の申告をしたということになりますよね。
もちろん、審査に通る前にそのことがバレた場合、絶対に審査に通ることがありません。

 

もし借り入れをした後に嘘がバレたらどうなるでしょうか?

 

最悪の場合、虚偽の申告をしたということで罪に問われる可能性もあるでしょう。
また、借りたお金の一括返済を求められるケースなどもあります。

 

キャッシング代行もNG!

在籍確認を代行してもらって審査を受けるのが違法なら、キャッシング自体を代行してもらってはどうか?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

具体的に言えば、ご自分がカードローンの審査に通らない事情がある場合、友人や家族の名義を借りてカードローンの契約をしてもらうのなら良いのでは?と考えてしまいがちですよね。

 

しかし、これらは刑事罰に問われることは無いものの、カードローン会社との契約違反となりますので絶対にNGです。

 

もし返済が滞ってしまった場合、契約をした人に返済義務が生じてしまいます。
これは名義を貸した方の信用情報にまで傷をつけてしまう行為ですので、絶対に行うのはやめましょう。

 

また、代行ではなく、誰かになりすましをしてカードローンの申し込みをするというのは言語道断です。
違法行為となりますから、こちらも絶対に行ってはいけません。

 

在籍確認を代行してくれる「アリバイ会社」ってどんな会社?

アリバイ会社を使ってカードローンの在籍確認をすることが正当な手段でないということがお分かり頂けたと思いますが、「アリバイ会社」というものは実在しています。
名の知れたアリバイ会社にはプライムコール、ABYアムロ、リマックスなどがあります。

 

家族や恋人などに本当の職業を知られないためなどといった目的で使用する分には違法ということにはならないため、実際にはかなりの数のアリバイ会社が存在しているようです。

 

アリバイ会社は誰がどんなふうに利用しているの?

アリバイ会社を利用しているのは、風俗や水商売などをはじめとした職業の方、理由があって在籍確認などができない方が多いようです。

 

そのような方が賃貸物件などを借りる際や子供の保育園の申し込みなどを行う際に、一般的な企業に勤めているように見せるために利用するケースが多いようですよ。
また、恋人や親などに本当の職業を知られないようにするために利用されることもあります。

 

アリバイ会社にはさまざまな職種の架空の会社が用意されていることもあり、希望した職種を選ぶことができるようですよ。
ご自分の風貌に合った職種を選んだ方がよりバレ憎くなると言えるかもしれませんね。

 

在籍確認を代行してくれるアリバイ会社は大阪にもある?

アリバイ会社は、もちろん大阪にもあります。

 

一部の地域のみに対応しているアリバイ会社もありますが、なかにはほぼ全国で対応してもらえるところもあるようですよ。

 

アリバイ会社の料金はどのようになっているの?

アリバイ会社の料金はいくらくらいで、どのように料金を取られるのか気になる方もいらっしゃるでしょう。

 

多くのアリバイ会社では、初回登録料と継続期間に応じた利用料がかかります。

 

初回登録料は男性と女性で違うこともあり、男性の方が料金設定が高いことが多いです。
初回登録料は5,000円〜10,000円程度、利用期間は15日間3,000円程度からとなっていることが多いようです。

 

そのほか、源泉徴収票や給与明細書、在籍証明書などを作成してもらった場合には、それぞれに料金がかかります。

 

在籍確認の代行会社ってどんなふうに在籍確認代行を行うの?

アリバイ会社を利用してカードローンの審査の際の在籍確認を乗り切りたい。
こう考える方は多いでしょう。

 

実際には詐欺に当たる可能性があるため在籍確認にアリバイ会社を使うのは正当な方法ではありませんが、アリバイ会社を使うとどのように在籍確認が行われるのでしょうか。

 

在籍確認の電話代行をしてもらうと?

申し込み時にアリバイ会社の用意した会社に勤めていると申告をした場合、在籍確認の電話はその会社の電話番号にかかってくるでしょう。

 

アリバイ会社に電話があっても自分が出られなかったら意味がないのでは?と思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、在籍確認では本人が電話に出られなくても、一般的には在籍していることさえ確認出来ればOKなのです。

 

「○○と申しますが△△さんはいらっしゃいますか?」と在籍確認の電話が来たときに、「○○はただいま外出中です」とアリバイ会社の方で返答をすれば、通常は在籍確認が取れたことになります。
アリバイ会社によっては、本人の携帯電話や自宅の電話に、あたかも内線電話であるかのように転送してくれるサービスを行っているところもあるようですよ。

 

在籍確認を代行してもらうことを考える前に、在籍確認なしのカードローンを選ぼう

アリバイ会社を利用して在籍確認を代行してもらうのは危険です。

 

とはいえ、なかには事情があって在籍確認の電話をされては困る、職場の都合でどうしても在籍確認が取れないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのような場合にはどうしたら良いのでしょうか。

 

在籍確認なしのカードローンを選ぶのも手

一般的にカードローンの審査では必ず在籍確認が行われますが、なかには在籍確認が行われないところもあります。

 

例えばSMBCモビットの「WEB完結申込」なら電話連絡なし、郵送物無しで申し込みができますから、在籍確認の電話が行われません。

 

また、金融機関によっては電話で在籍確認ができない事情を話しておけば、社員証や給与明細書、在籍証明書などで在籍確認を行ってもらえることもありますから、事前に問い合わせをしてみましょう。

 

アリバイ会社を利用するような危ない橋を渡る前に、そもそも在籍確認無しで借りられる方法を活用しましょう。

 

在籍確認の電話の言い訳を考えておく

在籍確認できない事情があるわけでなく「在籍確認の電話がかかってくるのが嫌だ」という理由だけでアリバイ会社を利用しようとお考えなら、ちょっと待ってください!

 

在籍確認の電話は、通常は職場にバレる心配はまずありません。
でも、どこの会社にも詮索好きな方がいますよね。

 

「今の電話、何だったの?」と聞いてくるような方が電話を取ってしまったら、「クレジットカードを作ったから、その確認の電話がかかってきただけだよ」と言い訳をしましょう。

 

在籍確認も、あらかじめ言い訳を考えて臨めばそんなに怖がるようなものではありませんよ。

 

アリバイ会社を利用してカードローンの審査に通過できるのか

アリバイ会社を利用すれば本当にカードローンの審査に通過できるのか、バレたりしないのか気になる方もいらっしゃると思います。実際のところはどうなのでしょうか。

 

アリバイ会社を利用して嘘がバレたケースも!

アリバイ会社を利用すればカードローンの審査に通過する可能性もありますが、作ってもらった書類(収入証明書や源泉徴収票など)が明らかに偽物と分かるようなもので嘘がバレてしまったというケースもあるようです。

 

嘘がバレてしまえばその金融機関では今後審査に通らないでしょうし、もし契約後にバレてしまえば借りたお金の一括返済を求められるだけでなく、罪に問われてしまう可能性も否定できません。

 

やはり、アリバイ会社を利用して在籍確認を代行してもらうのはやめましょう。

 

アリバイ会社は後払いもできる?

アリバイ会社に料金を払ったのに、うまく契約をできなかった・・・などということになってしまっては困りますよね。

 

アリバイ会社によっては契約がうまくいってから料金を支払う料金後払い(成功報酬型)のところもあるようです。

 

アリバイ会社を利用して賃貸物件を借りることはできるか

今現在仕事をしていないから賃貸物件の審査に通らない、職種によって通りにくいなどの事情がある方もいらっしゃると思います。

 

そのようなときに、アリバイ会社を利用して賃貸物件を借りる方もいらっしゃるようです。

 

アリバイ会社を利用すると賃貸ばれる?

アリバイ会社を利用して賃貸物件の審査に通ることもあるでしょうが、更新などの際に同じアリバイ会社に依頼できず、審査に通らないことも考えられます。
通るか通らないかはアリバイ会社のサービス内容にもよるかもしれませんね。

 

ただし、やはり嘘の申告をするということになりますから、バレてしまった場合は罪に問われないとも限りません。

 

アリバイ会社を利用して賃貸物件を借りるのは危険な行為と言えるでしょう。

 

アリバイ会社で源泉徴収票を作ってもらえるって本当?

アリバイ会社によっては、融資を受ける際や賃貸物件を借りる時、保育園に申し込みをするときに必要な源泉徴収票や給与明細書、在籍証明書、内定通知書、就労証明書などを作成してもらえるところもあるようです。
それぞれ1部発行してもらうごとに数千円〜数万円かかります。

 

これらの書類を発行すること自体は罪には当たらないと言われていますが、嘘の申告をすれば契約の違反になりますし、詐欺に当たる可能性はあるでしょう。
やはり、アリバイ会社を利用するのは危険だと言えますね。

 

 

キャッシングの在籍確認代行をアリバイ会社に頼むのは違法なのかについてお話してきました。

 

アリバイ会社そのものが全て違法というわけではありませんが、嘘の申告をするわけですから詐欺に当たる可能性も高いです。

 

ですから、アリバイ会社を使ってカードローンの在籍確認を代行してもらうのはNGです!
アリバイ会社を利用することは考えず、在籍確認の無いカードローンに申し込みをするなど別の対策を考えましょう。

 

『カードローン在籍確認』のトップページへ戻る